投資で成功したいならセミナーに参加しよう!

資産を有効にする考え方

電卓

「資産運用」という言葉を聞くと、専門家や知識のある人が株式やFXなど、相場を見極めて利益を得ている、というイメージがあるかもしれません。確かに資産運用するためには、それなりの知識と経験が必要になってきます。しかし始める前は資産運用のことを知らない初心者でも、資産を増やすことは可能で、実際にそのような人たちも存在します。このような話を聞くと、資産運用してみようと思った人がいるかもしれません。そもそも資産運用は急激に増やすものでなく、長い年月をかけて徐々に増やしていくのが基本です。会社勤めのサラリーマンの給料と同じではないかと思うかもしれませんが、それはその通りだと思います。ただ違いがあるのは、サラリーマンの給料は働いた分もらえますが、資産運用はマイナスになるときもあります。

資産運用は長い年月付き合っていれば、プラスにもマイナスにもなります。ですからマイナス幅を少なくプラスを多くして、それらを繰り返しながら右肩上がりに持っていくのです。これを聞くと初心者の方は、難しそうだなあと感じるかもしれません。確かに初心者だと、最初のほうはマイナス面が多くなるかもしれません。人間だれでも資産が減るのは気分はよくないですが、このマイナスを少なくする工夫はできます。資産運用の初心者は、いきなり資産を増やすことを考えるより、その取引がどのようなものか知ることが大切です。初心者の頃は、マイナスになってもいいような資産を投資すれば、マイナスを少なくできます。個人で資産運用するときは、いかにしてマイナスを少なくするのか考えて、それを上回るプラスを得るかが、右肩上がりにする条件です。